ワキガ ストレス 悪化

ワキガってストレスでも悪化するの?

ワキガがストレスで悪化

ワキガがストレスで悪化するのは、元々ワキガを発症させる因子を持っている人だけです。

 

どういうことかというと、そもそも脇から強烈な臭いを発生させている人というのは、
生まれつきの体質によってそのような身体になってしまっています。

 

反対に、生まれつきの体質として臭いを発生させない身体になっている人は
どれだけストレスを感じても悪臭が出ることはありません。
これは、医学的にもわかっていることなのでワキガの因子がない人は安心して大丈夫です。

 

一方で、臭いを発生させる因子を持っている人は
ストレスを角に感じることによって確かに臭いがきつくなってしまうケースがあります。

 

これは、悪臭の元になっている汗が多汗症という症状で発症しているケースがほとんどだからです。多汗症はその名前の通りいっぱいに汗を出してしまう症状のことを意味し、
特に精神的な負担を感じた時に無意識に大量の汗を出してしまうことに難点があります。

 

脇の部分から大量に汗が出てきてしまい、
精神面で不安に感じて出てきた汗は運動などによって出した気持ちの良い汗と異なって
身体の代謝機能を改善する機能などもありません。

 

ですから、ワキガの因子を持っている人は
なるべく精神面の負担を感じさせないように努力する必要があります。

 

原因菌とワキガの関係についても知っておくといいかもしれません。